交通事故治療の手続き、サポート

治療までの手順

交通事故の場合

1問診

受付のとき、事故の状況や現在の体の状態を簡単に記してもらいます。これに基づいて、詳しい状況を対面で聞いていきます。なお加害者の保険番号などは、できれば初回の来院時にわかっているとよりスムーズに手続きできます。

矢印
2触診

損傷部の腫れや皮膚の色などを目で確かめた後、実際に体に触れながら痛みの状況などを詳しく確認していきます。

矢印
3治療計画

治療計画を立案し、患者さまと相談しながら最終的な治療計画を決めます。仕事や学校、家庭の状況などの事情を考慮し、無理のない治療時間・回数にするようにしています。

1警察へ連絡してください

警察へ連絡して現場検証、事故証明をしてもらいます。
※交通事故治療を受けられなくなる場合があるので必ず連絡してください。

矢印
2相手の住所・連絡先・保険会社の名前・電話番号を聞いてください

運転免許証や車検証を見せていただき、相手の名前、住所、連絡先、保険会社などを確認させてもらいましょう。

矢印
3病院で診察を受けてください

軽傷であっても必ず整形外科でレントゲン等を受診しましょう。
事故治療には病院の診断書が必要になります。

矢印
4私たちに連絡してください

交通事故治療は後遺症を残さない為に定期的な通院が必要となります。
患者様のライフスタイルに合わせた通院しやすい接骨院をご紹介します。

矢印
5保険会社に接骨院での治療することを伝えてください

これにより接骨院での治療がスタートします。

自己負担ゼロで、保険手続きもサポート
交通事故治療を丸ごと引き受けます

当院では顧問弁護を通じて保険手続きをサポートしています。面倒な手続きにわずらわされることなしに、じっくりと治療に専念していただけます。

治療費ゼロ

保険で支払われるのは(示談前)、

  • 治療費
  • 交通費…通院に使った電車・バス、タクシー、ガソリン代など
  • 休業損害…休んだ日数分の収入(1日19,000円まで)

※加害者が保険に加入していなくても補償される場合があるので
ご相談ください。

交通事故による症状の治療費は、加害者の加入している自賠責保険・自動車保険から支払われます。窓口負担は0です。
治療費を負担することはありませんが期限(平均3ヶ月)をすぎると保証を受けられなくなってしまいます。
後遺症を残さない為に、期間内に私たち専門家による治療を受けられることをおすすめします。

交通事故に遭ったら

事故現場で

事故直後は興奮状態になるので、痛みに気づかないことがよくあります。落ち着いてから、急にあちこちが痛みだしたということがよくあります。だから何ともなかったとしても、念のため、加害者の氏名と連絡先、できれば保険についての情報(保険会社名、保険番号)も記録しておくと役に立ちます。

治療に当たって

医療機関で受診したあと、なるべく早めに接骨院にご連絡ください。すでに診断書などがあるときはご持参いただけるとよりスムーズになります。
思わぬ後遺障害に悩まされることも多いのが交通事故です。1カ月以上たってから出た症状は、事故との因果関係を証明しにくいのと、後遺障害での保険適用には初期からの治療歴が必要なので、治療面はもちろんですが、保険手続きの面からも事故後なるべく早い時期に来院するにこしたことはありません。

他の医療機関で治療を受けている方へ

交通事故治療を受けているがなかなか良くならない、診療時間や通院距離などが合わずなかなか通えないといった場合には転院することができます。
治療頻度を多くして後遺症を残さずにしっかり治すことが重要です。
お困りの方、ご検討されている方は一度私たちまでご連絡、ご相談ください。

tel_sp.png

院ブログ