診療項目

身体の不調があったら、まず相談

世の中には、80歳でも元気な人もいれば、ヨタヨタと歩いている人、寝たきりで立つこともできない人さえいます。あなたが80歳になったとき、どちらの姿になりたいですか。これは、ある程度、自分で選べるということを知っているでしょうか。
手が上がらない、足が重い、目覚めがわるい……、こんなとき「年だからしかたない」とあきらめていませんか。たしかに加齢によって身体が衰えていくのは避けられませんが、年齢以上に衰えすぎているケースが多いのです。健全な体づくりをして、最低限、衰えすぎることだけはストップさせましょう。
関節がズレているなど、気づいていなくても体の1カ所に不具合が起こっているために、体全体に不具合をもたらし、必要以上に老化させていることが少なくありません。80歳の自分づくりは、すでに始まっているのです。

骨や筋肉に異常があると、頭、肩、腕、足、腰などの体の痛みやしびれ、重さとなって現れます。ところが骨や筋肉の異常は医療検査でも見つからないことがある上、手首のしびれだからといって手や腕に原因があるとは限りません。ずっと離れた腰、頭に原因があることも多いのです。また、かなり昔の打撲や捻挫が原因だったりもします。とりわけ交通事故は、事故時には何ともなくても、隠れた損傷があるものです。にもかかわらず放置していたため、忘れてしまったころに発症することがあるのはよく知られています。ケガや事故に遭ったとき、体に苦痛があるときは、とりあえず接骨院にご相談ください。

こんな症状で悩んでいませんか?

首・肩

・首、肩の動きが悪い、動かすと痛い
・よく寝違えをする
・40肩で腕があがらない
・頭痛やめまい、目が疲れる
・肩から腕にかけて痺れる

腰・背中

・長い時間立ちっぱなし、座っていられない
・ぎっくり腰がくせになっている
・寝返りが辛い、朝になると痛い
・足が痺れる

膝・足

・階段など歩行時に痛い
・膝や足首が曲げにくい
・膝によく水がたまる
・足がつる

ゆがみ

スポーツ障害・外傷

・運動中にケガをした
・何度も捻挫をしてしまう
・体の不調で満足に運動ができない
・運動を始めたら痛くなった

人間の体はたくさんの骨(関節)や筋肉により構成されています。関節や筋肉のどこか一つに異常があると様々なところに痛みやしびれ、違和感が現れます。
首が痛いから首に原因があるとは限らず、腰や膝など異なる箇所が原因であることが多いです。このような状態を改善しないまま生活していると症状の悪化はもちろん、さらに違った症状を引き起こすことになってしまいます。
日常生活でのケガや体の不調があるときは、私たちにご相談ください。

tel_sp.png

院ブログ